愛知県IR誘致検討継続。決まるまではカジ旅!

casitabi_かじたび

2020年10月時点で、愛知県は中部国際空港島(常滑市)へのIR誘致検討を継続しています。 2016年12月に施行された「IR推進法」は通称「カジノ法案」と呼ばれているため、単にカジノを作るための法律だと考えられがちです。 しかし、IR推進法は本来、統合型リゾート(IR)を作ることで、観光及び地域経済を振興させることを目的としています。 統合型リゾートとは、カジノ設備以外にホテルや飲食店、レクリエーション施設、展示施設などが一体となったものです。 施設運営のために大量の雇用が創出され、観光客の増加による地域活性が期待されます。 もちろん、IR推進法はいいこと尽くしというわけではありません。 カジノが設立されることで、ギャンブル依存症患者の増加が懸念されます。 その対策として政府は、国内の利用者には「利用回数の制限」「入場料の徴収」を予定しています。 せっかくカジノができても、日本人だと入場料を取られてしまうし、無制限には利用できない可能性が高いのです。 ※海外からのお客には制限はありません。 しかも、実際にIRの誘致場所が決まるのは2021年の8月以降です。 日本にカジノが設立されるのは、まだまだ先のことになりますよね。 ここで、「カジノができるまで待ちきれない!」という、ギャンブル好きな方にお伝えしたいことがあります。 「カジ旅」を利用すれば、好きな時に好きなだけ本場のカジノゲームが遊べるのです。 カジ旅は、ネット上でカジノをプレイできる「オンラインカジノ」になります。 ネット環境があれば利用できるので、時間や場所に縛られることもありません。 カジ旅は、通常のオンラインカジノに、日本人が大好きな「RPG要素」も組み込まれている点が大きな魅力になっています。 ただカジノゲームをプレイするだけではなく、町を冒険したり、ボスキャラとの対戦もあるのです。 もちろんカジノになりますので、リアルマネーを賭けてプレイし、ギャンブルに勝てば元金を増やすことだってできます。 カジ旅の利用者には、なんと1秒で1000万円をゲットしたツワモノもいるようです。 「カジノ設立が待ちきれない!」という方は、ぜひ「カジ旅」で遊んでみてください。

中部臨空都市の人気なパチンコ屋を紹介

中部臨空都市とは、愛知県のセントレア空港(中部国際空港)の空港島の、対岸部と東側エリアを合わせたエリアのことです。愛知県と常滑市が協力して企業誘致に取り組んでいるエネルギッシュな地域。 セントレア空港が近いですから、観光客向けのホテルや、航空物流関連の企業が多く集まっています。ちなみに、2019年、つまり東京オリンピックの前年に巨大な国際展示場が作られる予定となっています。 さて、そんな中部臨空都市にてパチンコを楽しむことはできるのでしょうか。 常滑市で特に人気のパチンコ店は3店。 一つは、臨空の名を冠する「有楽りんくう店」です。 パチンコ600台・スロット250台(およその台数です)と常滑市では最大規模のお店です。 その他、同レベルの規模の「マリオンガーデン1000」や、パチンコ200台・スロット30台と小規模ですが「SR21 常滑店」なども人気です。 いずれのパチンコ店も基本的に休業ナシ、夜9~10時くらいまで営業していますから、遊びやすいのではないでしょうか。 そして、パチンコ店に行けない場合や「ギャンブルはしたいけれど、パチンコはちょっと……」という方でも、中部臨空都市内のホテルでゆったりとオンラインカジノを楽しむことができます。 まずは「ベラジョンカジノ」 恐らくネットカジノとしては一番人気だと思われます。 スマホでもプレイしやすいのが魅力ですから、中部臨空都市内の観光中にバスで移動しているときなどに手軽にネットギャンブルを楽しむことができます。 そして「パイザカジノ」 こちらはいわゆる「ビットコインカジノ」ですから、ビットコインで決済をすることが可能です。 しかもプレイできるカジノゲームが1000種類以上! 中でも、美しいディーラーとリアルタイムでギャンブルを楽しめるライブカジノが評判となっているようです。 それから「エンパイア777」 こちらのオンラインCasinoのモットーは「オンラインカジノで、本場のカジノを再現する」という事だそうですから、ライブカジノの充実感が桁違いです。実際、ライブカジノのディーラー数やテーブル数が、一般的なネットカジノよりも大幅に多いです。 しかも、ディーラーを指定することさえできてしまいます。 昼間は中部臨空都市内のビーチに遊びに行ったり、釣り護岸で釣りを楽しんだり、のんびりお散歩をしたり……。 そして、夜はホテルで美しい景色を楽しみながら、インターネットカジノをプレイする。 そんな素敵な一日を中部臨空都市で過ごしてみてはいかがでしょうか。

中部臨空都市とは?

愛知県常滑市「中部臨空都市」は新しい日本の玄関口、中部国際空港セントレアのある空港島とその対岸部を指し、新しい都市として注目を集めています。飛躍する中部臨空都市にあなたも遊びに来ませんか? まちづくり計画 ■2005年2月、愛知県常滑市海上に中部国際空港セントレアが開港しました。セントレアからは毎日、世界や国内各地に向けて航空機が飛び立ち、大勢の人々でにぎわっています。 ■愛知県は、このセントレアのすぐそばに、新しいまち「中部臨空都市」をつくりました。 現在、中部臨空都市では、セントレアから海外や国内に荷物を運ぶ航空物流関係の会社や、ホテルなどが開業しています。 ■中部臨空都市は「世界のとなりまち」を目指して、みなさんに親しまれるまちづくりを進めていきます。   施設案内 ■夕陽が素晴らしいりんくうビーチや、家族で楽しめる釣り護岸などの中部臨空都市の施設をご案内しています。 ■中部臨空都市へ進出した施設の情報や工事の進捗状況などをお知らせします。 ニュース&イベント情報 ■中部臨空都市の新着情報やイベント情報を掲載してお知らせしています。イベントの情報などございましたら、ぜひお寄せ下さい。 アクセス案内 ■中部臨空都市へのアクセス方法をご案内しています。自動車や鉄道、海上からのアクセス、駐車場の情報も掲載しています。 進出のご案内 ■名古屋都心まで30~40分のアクセス環境にある愛知県の常滑 (とこなめ)市にある中部臨空都市は、世界主要都市を結ぶ中部国際空港との隣接性、産業資源への近接性を最大限に生かした、グローバルなアクセス環境と最先端の都市機能を兼ね備えた次世代型産業拠点です。 ■中部臨空都市は、産業・技術や人材資源が集積する愛知県におけるビックプロジェクトとして、未来にチャレンジする企業を応援していきます。 企業誘致課ウェブサイトを表示させる場合には以下のボタンをクリックしてください。 ご意見・情報をお待ちしております ■中部りんくうナビでは、「生きた情報源」となるよう、中部臨空都市や周辺情報を募集しています。中部臨空都市の価値ある情報源となるよう、皆様の貴重な情報をお寄せください。お寄せいただいた情報は、編集委員会で掲載を検討させていただきます。なお、情報採用の連絡は、ホームページの掲載をもってかえさせていただきます。 ■投稿メールアドレス info@c-rinku.jp ■愛知県企業庁 企業誘致課臨空都市推進グループ 〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号